ダイエット

小麦粉ダイエットと血管プラークダイエットRAP食

投稿日:

年が明けて、平成も終わりに近づきつつある今日この頃。

小太りの娘が、「今日から小麦粉を断つ!」と宣言。

小麦粉を食べないダイエットがあるそうな。

便乗して、私もダイエットしようかなと思っているところ、たまたま見つけた「血管プラークダイエット」
根拠はなにもなく、コレに決めた!ってことで、ちょっとお勉強してみようと思います。

小麦粉ダイエットとはグルテンフリーダイエットのこと

小麦粉を断つと、脚が細くなるという情報をどこからか得たらしく、小麦粉を使った料理をやめることにしたようです。

グルテンフリーっていうのは、糖質制限とはまた違い、代謝をよくして痩せる?というもののようです。

小麦粉を使った加工食品は、他の食品の栄養の吸収を阻み、カラダの代謝が下がりやすくなると言われています。

それにひきかえ、お米は逆に、エネルギーとして消費されやすくて、代謝を上げる働きがあるようですね。

小麦粉はカラダを冷やし、お米はカラダを温める。

グルテンフリーダイエットは、海外ではモデルさんやアスリートが実践していて広く知られています。

グルテンは、小麦や大麦など麦類に含まれているタンパク質のこと。
アトピーのアレルゲンになったりもしますね。

日本人なら、小麦粉を使っていたのを、米粉に変えたり、ご飯中心の献立にすればいいかんじですね。

実践すると、むくみがとれて引き締まり、お肌にも良いそうなので、応援してます。

パン、ラーメン、うどん、ハンバーガー。。。など、炭水化物大好き子豚が、どこまでやれるのか。。楽しみ♪

血管プラークダイエットのRAP食

九州、久留米のお医者さんが提唱されている、動脈のプラークを退縮させる目的の医学的な食事療法だそうです。

「Medical diet for Regression of Arterial Plaque」(動脈プラーク退縮のための食事療法)・・略して「RAP食」。

ホームページの脳梗塞・心筋梗塞の予防法のところに詳細が記載されてます。

血管にプラークが溜まらないようにする食事で、ダイエット効果もあるようです。

認知症予防の食事にもなるというのも魅力ですね。

クックパットにも、血管プラークダイエットのレシピが数多くあげられていて、参考にしたいと思ってます。

今のところ、ざっくりとしか理解できてないかもですが、コチラもお米を中心として、お野菜を多く、油ものは控える。。。日本食というかんじでしょうか。

オリーブオイルやココナッツオイル、えごま油などを積極的に摂るのは勧めない、食事法です。

今までいいと思ってたものも、とり過ぎはよくない、ということがよくわかり、目からウロコ~

子豚娘と一緒に、食事を改善しながら、ダイエット元年にしたいと思います。

-ダイエット

Copyright© 通販で買った商品のレビューがいっぱい , 2019 All Rights Reserved.