ダイエット

ヨーグルトで下痢するなら、代わりに同じ効果のある甘酒がおすすめ

更新日:

腸内環境を改善したり、美容にも良いといわれているヨーグルト。

毎日の食生活に欠かせない人もいる一方で、ヨーグルトを摂りたいたいけど、食べるとお腹の調子が崩れて、下痢になっちゃって困ってる人いませんか。

そういう人は、ヨーグルトの代わりに、甘酒がおすすめです。

ヨーグルトと同じく、腸内の状態を整えて、アミノ酸などの栄養素もたっぷり含まれています。

乳製品でお腹をこわしてしまう人でも、米麹の甘酒なら安心。

ヨーグルトは、悪玉菌の増殖を防いで、腸内環境を改善するのですが、乳糖不耐症の人は、同じ効果の米麹甘酒だと安心して摂取できます。

甘酒は大きくわけて3種類

最近の甘酒ブームで、スーパーやコンビニで多種多様な甘酒が販売されています。
ひとくちに甘酒と言っても、原材料によって大きく3つに分けられます。

米と米麹の甘酒

液体がドロっとしていて、お米のつぶつぶ感があります。

市販の甘酒で多いタイプがこれ。

噛みながらゆっくり飲むと、腹持ちがよく満腹感も得られるので、ダイエットにもピッタリ。

酒粕が入った甘酒

ふわっとしたお酒の香りが、なんとも懐かしい、お正月に神社で配られるのがこの酒粕入りの甘酒。

栄養価の高い酒粕を使用してあるのですが、砂糖で甘みをつけているので、カロリーは高め。ものによってはアルコールが含まれるので、確認して飲みましょう。

米麹のみの甘酒

甘酒ブームになってから登場した、比較的新しいタイプ。

米麹だけで作られており、麹菌の割合が多い分、栄養価も高めになります。

すっきりした甘さで、ドロドロが苦手な人もすんなり飲めそうです。

米麹の甘酒を飲むと、血管年齢が若くなるとも言われてますね。

毎朝、米麹の甘酒を飲む習慣をつけて、いつまでも若々しくいたいものです。

血圧の上昇を抑える効果も期待できそうですね。

その他の甘酒

甘酒と豆乳をブレンドしたものや、雑穀で作られた甘酒、ブリンのようにカップに入っててスプーンで食べる甘酒、甘酒キャンディーなどなど、お店には多くの甘酒が売られているので、自分好みの甘酒を見つけるのも楽しいですヨ。

腸内環境を改善して、痩せやすい体質に改善するなら、甘酒に酵素が入ったスティックタイプのゼリーもあります。

 

ヨーグルトでお腹がゆるくなって下痢するのはナゼ?

どうして、お腹がゆるくなってしまうのかというと、一番に考えられるのが乳糖不耐症。

「乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)」は、牛乳に含まれている乳糖(ラクトース)を消化吸収するための、ラクターゼという消化酵素の分泌不足でおこります。

お腹が痛くなる、お腹がごろごろする、おならがよく出るなどの症状が代表的です。

子供のころ、給食の牛乳は大丈夫だったのに、大人になってからは牛乳もヨーグルトも、お腹ががゆるくなるって人もかなりいます。

これは、大人になるとラクターゼの分泌が少なくなることが多いためです。

まれに、生まれつきラクターゼを持たない、先天性乳糖不耐症という病もあり、この場合は、赤ちゃんのときから母乳や粉ミルクを飲むと、下痢になってしまいます。

 

ヨーグルトと甘酒はどちらが腸にいいの?

どちらも発酵食品で、同じ効果が期待できます。

乳製品でお腹をこわしてしまう人でも、米麹の甘酒なら安心。

ヨーグルトは、悪玉菌の増殖を防いで、腸内環境を改善するのですが、乳糖不耐症の人は、同じ効果の米麹甘酒だと安心して摂取できます。

 

甘酒が飲む点滴と呼ばれるのはなぜ?

甘酒の栄養価とカラダに吸収される早さが、点滴なみだからです。

体内ですぐにエネルギーになるブドウ糖や、疲労回復に効果のあるアミノ酸にプラス、豊富なビタミンB群など、点滴に似た成分が大量に含まれています。

 

一日に飲む甘酒の量は?

コップに1杯で十分に効果的。

甘酒は、栄養だけでなく、カロリーもあるので、飲み過ぎると生活習慣病が気になります。

空腹時に飲むと、血糖値が急上昇してしまうので、食事をしながらや食後にゆっくり飲むのがおすすめです。

CHECK!! >> 甘酒人気ランキング【楽天】

 

-ダイエット

Copyright© 通販で買った商品のレビューがいっぱい , 2019 All Rights Reserved.