暮らし

お金の節約が苦手な人へ・暮らしの中でのコツと知恵

更新日:

節約しなきゃと思っていても、ぜんぜんできなくて自己嫌悪におちいっている人いませんかー。

苦手なことに取り組むには、簡単なことから始めましょう。

今すぐできる節約と、ちょっとしたコツを紹介します。

電気代の節約は契約アンペアの見直しから

節約といえば光熱費。

こまめに電気を消してまわるよりも、契約しているアンペア数を下げて、基本料金を下げる方がラクでお得。

ブレーカーが落ちるので、消費電力が高いものを同時に使わないようにしましょう。
 

クレジットカードは持たないか1枚だけに

クレジットカードをトランプのように、枚数多く持つのはNG行為。
盗難や紛失のリスクもさることながら、年会費がかかるものもあり、持つなら少なめが賢明です。

カードを持っていると、買い物の割引特典があったりもしますが、その分余計な物を買い込むものなので、潔く持たないのも節約になります。
 

使用頻度が少ないものはレンタルする

ベビーベッドや礼服、スーツケースなど、その時だけしか使わないものは、レンタルを利用するのがおすすめ。
保管場所もとらないし、種類も豊富で、使い勝手のいいものがリーズナブルな価格で見つかります。
 

ふるさと納税で地元を応援

自分の出身地や、好きな場所の自治体に寄付をして、応援することができます。

寄付金控除があるので、所得税の還付や、住民税の減額があり嬉しいですね。

特産品やお米などの返礼品のある自治体もあり、ウェブサイトから簡単に申し込みができます。
 

薬局で購入した市販薬が12000円以上なら控除の対象

薬局で買った薬の合計が、一年間で一万二千円を超えると、控除を受けられるのでレシートは保管しておきましょう。

厚生労働省が指定した市販薬が対象で、健康診断などを受けているのが条件です。
確定申告をする時に、領収書や、検診の書類とともに提出します。
 

さいごに

こまかなことから、地道にやっていけば、節約できそうですね。
面倒くさがらずに、何かひとつでもやってみませんか。

-暮らし

Copyright© 通販で買った商品のレビューがいっぱい , 2019 All Rights Reserved.