健康

ぱっくり割れが痛い!ニベアなどの軟膏や薬以外の対処法を発見~

更新日:

毎年、冬の時期になると「指先のぱっくり割れ」に痛い思いをしています。

手の指のぱっくり割れ

水仕事をする時には、できるだけキッチン用のビニール手袋をするようにはしてますが、頻繁に付けたり外したりが面倒になって、つい素手で洗い物や雑巾がけをしてしまうと、あっという間にパックリ割れになってしまいます。

お決まりの軟膏や、ヒビケアなど薬系もひととおり試してるのですが、今年の冬は、偶然、

ぱっくり割れの意外な対処方法

を見つけました。

この記事の最後で紹介しています。

 

ぱっくり割れが痛い!ニベアなどの軟膏を塗ってみたものの…

ぱっくり割れが痛いので、オロナインや、メンソレータムなどの軟膏を傷口に入れ込むように塗りますが、なかなか改善しません。

「ニベアでお手入れをするといい」

…というを聞いて塗っていたこともありますが、あの膜を貼ったような感触が苦手なのと、香りが好みでないので、途中でやめてしまいました。

 

ぱっくり割れには、ヒビケアなどの塗り薬の方が、まだ効くかも

ヒビケアなど、ぱっくり割れに特化した塗り薬の方が、まだ効き目はあるように感じました。

ヒビケアを夜寝る前に塗って、患部にはガーゼを巻くか、絆創膏を軽く巻きます。

でないと、寝ている間に、お薬がお布団についてしまうからです。

常時ズキズキした痛みや、血が滲んだ見た目は、一時的に改善されますが、油断していると再びパックリの日々。

完璧によくなるのは、春が近づいて温かくなってくるころになります。

 

ぱっくり割れの意外な対処法を発見!

今年も当然のようにパックリ割れになってしまい、ずくんずくんと傷みが増していたある日。

大掃除中に、お風呂のお湯の塩素対策で買っていた粉末のビタミンCを発見。

ビタミンCを更湯に入れると、塩素が中和されてアトピー肌にも、優しいお湯になると知り、以前使っていたのです。

なんとなく残りの粉末ビタミンCを、入浴剤の代わりに湯船に投入。

そのお湯につかり、湯船のお湯で洗顔、洗髪をしました。

いつもは、シャワーですですが、その日は自分ひとりだけでしたので、湯船のお湯で済ませることに。

そしたら、なんと!次の日、パックリ割れが、ほぼ閉じていたのです。

髪の毛もサラサラで、肌もすべすべ。

大袈裟でなく、本当です。

ビタミンCのパワーだと思います。

他に変わったことはしてませんし、思い当たるのは、ビタミンCの粉末入りのお湯を使ったことだけです。

そういえば、化粧水なども、高濃度ビタミンC配合のがありますね。

あれはやはり、ビタミンCの力が、何かしら実証されているということですよね。

確実にビタミンCが、パックリ割れに作用しているのかどうか、この先 検証していきたいと思います。

指先がパックリ割れたら、ビタミンC粉末入りのお風呂を何度か試してみて、間違いなくぱっくり割れにいいようなら、また報告しますね。

私が使ったビタミンCの粉末は、食用にも使われるているコレです。

ビタミンC 300g(L-アスコルビン酸)粉末 食品添加物規格(食品)NICHIGA(ニチガ)

-健康

Copyright© 通販で買った商品のレビューがいっぱい , 2019 All Rights Reserved.