ファッション

ヒートテックが合わないな…化繊が苦手な人は綿のインナーがおすすめ

更新日:

朝晩の冷え込みが身にしみる季節には、やっぱり長袖や八分袖の下着をつけると、断然に暖かく過ごせます。

秋冬でも、日中は暖かかったり、会社では暖房が効いてたりして、汗ばむこともあります。

そうなると、ユニクロのヒートテックみたいな化繊の下着だと痒くなったりしませんか。

ヒートテックが合わない

お肌が丈夫な方は平気でしょうが、肌が弱かったり、アトピー気味だったり、乾燥しがちな年齢や、更年期で敏感肌だったりすると、ナイロン系の肌着は、肌がかゆくなりがちです。

そこで、ここでは、綿100%や混綿素材、肌があたる部分は綿やシルクなど、お肌に刺激が少ないレディースインナーを紹介します。

個人的に、着てみて、いいよ!って商品が多いですが、あしからず。。

ヒートテックが苦手だったり、化繊の下着を着ると、肌が痒くなってしまう方は、ちょっとのぞいて見て下さいね。

綿95%でもたつかないグンゼのキレイラボ

ピタッとしてるけど、締め付け感がなくて、パンツスタイルの時にも重宝するのが、キレイラボシリーズ。

完全無縫製なので、縫い目がありません。

普通の下着のように、継ぎ目があたってゴロゴロしたり、違和感を感じることもゼロ。
洗濯タグもないから、切り取る手間もありません。

タグを切っちゃうと、サイズとかわからなくなって、次に買う時に困りますよね。

生地にプリントされているので、そういった心配もないわけです。

キレイラボは、とにかくフィット感が抜群です。

うるおいベールがついているそうで、確かになめらかな肌ざわり。

ラン型、2分袖、8分袖など、バリエーションもい多いので、一年中活躍してくれます。

私は、近くのドンキホーテで、投げ売りされていたのを買ったのが出会いですが、それ以来、お気に入りのインナーになってます。

 

 

混綿の長袖インナー グンゼのホットマジック

暖かさで定評がある、グンゼのホットマジック。

化繊のイメージもありますが、実は、綿が40%のもあるのです。

ネックラインが切りっぱなしのデザインなので、デコルテが広めの服を着る時に便利。

胸元が広めのトップス、オフショルダーっぽいデザインなど。

洗濯を重ねると、切りっぱなしの部分が多少伸びてくるので、いつもよりひとつ下のサイズを選ぶ方がいいかもです。

超、寒がりな人は、首元がスースーするので、あまりオススメはしません。

それでも、襟と裾、袖口もカットオフになっていて、ピタッとスマートなババシャツ。

秋冬用にひとつあると、どんなデザインの服の下にも着られるので安心です。
 

 

メンズでおなじみの快適工房は綿100%のレディース長袖も豊富

快適工房というと、メンズインナーのイメージがありますが、意外にもレディースインナーも豊富なバリエーションで展開されています。

こちらは、純粋に綿100%。

やわらかな良質綿で、肌触りは究極の優しさです。

快適工房、デザインはオーソドックスでシンプルです。

セクシーでおしゃれなランジェリーとは、一線を画する実用的なインナー。

毎日使う、肌に優しい長袖インナーとしては、優秀です。

なんといっても、着ごごちがよくてストレスフリー。

ゆったり着られる、くつろげる下着ですね。

お洗濯も、特に柔軟剤を使わなくても、ソフトな手触りを保ってます。

下着は綿がいちばん好き♪って方は、快適工房なら間違いなしです。
 

この商品は現在取り扱いされていません

 

快適工房とは?

グンゼの肌着研究所のことで、商品のブランド名になっています。

人間の生理面や心理面への研究を深めて、下着を着た時のストレスが少なくて、リラックスできるインナーを開発してます。

最近だと、西島秀俊さんがコマーシャルに出てて、今まで良品だけど地味だった快適工房の下着が、オシャレなイメージに生まれ変わりましたよね。

 

-ファッション

Copyright© 通販で買った商品のレビューがいっぱい , 2019 All Rights Reserved.